和田司法書士事務所

愛知県名古屋市の和田司法書士事務所/登記手続・契約・相続・多重債務・訴訟など

登記手続について

身近な法的トラブルQ&A

裁判手続きについて

散歩道

インフォメーション

和田司法書士事務所
◆所在地
〒461-0011
愛知県名古屋市
東区白壁二丁目1番23号
名古屋拘置所正門前(北側)
 
◆TEL
052-971-4182
 
◆受付
9:00~17:00
 
◆所長
和田 博恭
 
◆アクセス
Googleマップへのリンク
休日はカレンダーをご参照ください

 

HOME»  多重債務のトラブル

多重債務のトラブル

★多重債務のトラブルについて

Q

債務整理のメニューは?

A

およそ次の方法があります。

◎支払不能→「自己破産手続」
◎支払不能のおそれ →「特定調停」「個人民事再生」

その他にも裁判所の手続ではない「任意整理」等があります。

 

Q

長年、消費者金融へ返済しておりますが、一向に返済が終わらない。

A

消費者金融からの借り入れの場合、多くは、28%~29%の金利を支払っています。それを利息制限法という法律に定める制限金利に引きなおすことによって、超過利息を元本に充当した上で、残金を減らすことができる場合があります。

 

Q

過払返還請求って何?

A

利息制限法を超過する金利を長年にわたって返済している場合、超過利息を元本に充当した結果、返済額の方が上回っている状態となっている場合があります。
その場合、支払過ぎた金額(過払い金)を不当利得として返還を求めるものです。
長期間にわたって消費者金融への返済を続けている場合、一度ご相談ください。

 

Q

住宅ローンの返済のためにサラ金から借入をしてしまった。破産はしたくないのですが・・・

A

継続的な収入の見込(給与所得者・自営業)がある場合で債務の総額が3000万円未満(住宅ローンを除く)ですと、個人の民事再生手続を選択することが検討できます。
この手続は、住宅ローン以外の債務について、一定の割合による部分を3年ないし5年の返済計画(再生計画)をたて、返済を完了することで、残額の支払を免除するという手続です。
住宅ローンについては、全額返済することを前提として、返済期間を延長するなどのリスケジュールを再生計画に含め、住宅を確保した状態で債務整理を実行していきます。

 

お問い合わせ

ご依頼・ご相談など TEL: 052-971-4182